ページイベントカウント(初期表示)

転職活動手順

上流工程を目指す転職のポイントと手順

更新日:

上流工程を目指す転職のポイントと手順

上流工程を目指す転職のポイントは何でしょうか。

最も重要なことは「動きながら考える」ことです。

私の過去の失敗、および企業採用側で多くの職務経歴書等を見てきた身として、これは確信を持っていえます。

上流工程を目指す、未経験の領域に飛び込むときは、考えてから動くよりも、動いて学びながら考えるほうが成功します。

「自己分析や計画が大切」、その通りです。しかし私のように、1ヶ月入念に分析・計画立案をしても書類選考で落ち続ける人が後を立ちません。

正しい手順で努力しないかぎり、成果には結びつかないからです。

誤った道を歩み続けた私は、人のアドバイスで1時間手直しをしたところ、書類・面接が次々通るようになりました。

なぜ「動きながら考える」ことが最も重要か、そして正しい手順は何か、私や周りの実体験も交えてお話していきます。

上流工程転職の手順

まず、上流工程を目指す転職の手順をお伝えします。

まず動き出す→情報収集→自己分析→再び情報収集→履歴書・職務経歴書作成→応募→書類選考・面接→内定・入社

転職したことがある人は、一般的な手順と違うと思ったかもしれません。また、情報収集が多いと感じると思います。

一般的には、自己分析やキャリアプランをまず立て、それから履歴書・職務経歴書を作成し、準備万端になってから求人票参照となります。

しかし自己分析から始める手順は、未経験の上流工程を目指す際、致命的な間違いをしやすくなります。

それは、顧客(求人企業)が求めることを見誤る、なりたい職種や企業のことを理解していないため入社後に後悔する、ということです。

ほしいと思う商品がなければ人は購入しません。しかし全ての人が、品質が最高のものを求めているわけではありません。デザインを重視したり、お金がないから品質は犠牲にしてもいいと思ったり、たまたま目の前にあった商品で間に合わせる人がいたり、それぞれです。

転職も同じです。学歴も経歴も魅力的な人しか転職できないわけではありません。求人企業が求めることは、思っている以上に多種多様です。しかし、何を求めているかは自己分析からは導くことができません。求人票を見たり企業ホームページを見たり、あるいは転職エージェント等で企業側の希望・悩みを聞き出すことで、求めているものが明確になります。

何を求めているかが分かれば、書類選考で重要な職務経歴書も、企業が求めている内容を重点的に書くことで通過しやすくなります。面接も同じです。

また情報を的確に集められれば、転職後の仕事内容も具体的にイメージが湧き、良いことだけでなく悪い点も踏まえて、転職すべきか考えることができます。

正しい手順で進むことは重要です。その上で、これらの手順を「動きながら考える」ことがなぜ重要か説明します。

上流工程を目指す際のポイント

上流工程を目指す転職のポイントとして、最も重要なことは「動きながら考える」とお伝えしました。

最も重要としたのは、上流工程を目指す人の多くが、最初に入念な自己分析・計画を立ててから転職活動を始め、失敗していくからです。書類が通らない、面接で企業が求めていないことばかり話す、入社して仕事内容に幻滅する、数えだせばキリがありません。

これは求職者の性格も大きく影響します。プログラマーから上流工程SEを目指す人などは、考えることが好きな人が多くいます。また一つのことにのめり込んだり、物事を決めつける傾向があります。私がまさにそうでした。

考え続けた結果、自分に都合良く解釈したり、芯がぶれた整合性のないキャリアプランを作ってしまうことがあります。行動に移すのも遅くなります。

考えたあとで行動に移すと、(自分が描いたバラ色人生とは違う)厳しい現実に怖くなったり、(自分が描いた理想の)企業像や仕事像のみで転職先を決め、入社後に後悔することとなります。

まず動き出して情報収集を始めてみてください。良い点も悪い点もふくめ現実が見えてきます。その後で自己分析やキャリアプランを立てると、理想と現実を冷静に見ながら、自分の進むべき道や転職先を明確にしていくことができます。

情報収集もインターネットだけでは不十分で、客観的に判断できる人に1人以上会ってアドバイスを求めてください。あるいは早い段階で数社応募するのもお勧めです。そうすることで、現実の理解と、自己分析が自然とできていきます。

客観的に判断できる人というのは、家族や友人ではありません。目標にしたい仕事の先輩、あるいは転職エージェント(人材紹介会社の担当者)などを指します。自身で1ヶ月考え続けるよりも、1時間話をしたほうが自分の強み・弱みや、キャリアプランをもとにした目指すべき転職先が見えてきます。書類選考や面接も通りやすくなります。

ウォーターフォールではなくアジャイル式の転職活動を

アジャイル式の転職活動

私が今までお話してきた転職手順は、アジャイル式と言えるかもしれません。

アジャイルは、Web系を中心に最近定着してきた開発手法です。1年など長期間かけて要件定義→設計→コーディングと順番に進めるのではなく、2週間などの短いサイクルで要件定義→コーディングなどを何度も回していくスタイルです。

短いサイクルで何度も開発し機能拡充していくことで、要件を見誤っても手戻りが少なく、軌道修正も柔軟に行えます。「動きながら考える」ように、動いて考えながら開発を繰り返していくのです。

転職活動もアジャイルのように進めることで、特に未経験領域に転職するときに成功の確率が高まります。未経験領域のため、動きながら初めてわかることも多く出てきます。計画をまず立てるのではなく、動きながら情報収集をして、得た情報をもとに自己分析・計画を立てる。そして再度情報収集・応募して、必要あれば軌道修正する。

転職活動サイクルを短い間隔で何度か回すことで、キャリアプランや職務経歴書もブラッシュアップしていくことができるのです。

ウォーターフォール式の転職活動

一方、一般的な転職手順はウォーターフォール開発のようなものです。数ヶ月要件定義を実施→要件が確定したら設計→設計が固まったらコーディングのように、段階ごとにきっちり決まってから、次の段階に移ります。

ウォーターフォールのように転職活動を行うと、時間をかけて自己分析→キャリアプランを入念に検討して計画立案→履歴書・職務経歴書を添削を繰り返して作成→ようやく情報収集→応募、と段階を踏みながら進めていくこととなります。

この手法は、転職経験の豊富な人や、現在と同じような業界・職種に転職するときは力を発揮します。内容理解がある程度できているため、手戻りも少なく、一つ一つの分析や作成も時間がかかりません。また求人企業が求めることも踏まえた活動ができます。

しかし未経験領域の転職では、一度考えたことが誤っていて軌道修正することが多くあります。自己分析や計画で1ヶ月かけたものが、再度練り直しになるのです。そのようなことを繰り返すうちに心が折れてしまいます。

上流工程を目指す人は、ウォーターフォール式ではなくアジャイル式の転職活動をお勧めします。

転職を戦略的に進める

私には学歴も能力もありませんでした。経歴も、最初に入社したのは下請け(孫請け)の小さな会社で、年収276万円のプログラマーに過ぎなかったのです。

しかし転職を戦略的に進めたことで、下請けPG→中堅企業SE→ベンチャー企業エンジニア→大企業社内SE・経営企画とステップアップし、現在は年収1837万円のITコンサルタントになりました。

失敗もいろいろしながら、私のような人間でもキャリアを築くことができました。このブログを見ている人は私以上のキャリアを築くことができるはずです。

転職における戦略とは、求人票をみて給料の良さそうなところに応募することではありません。人生のキャリアプランを明確にし、今どの企業・職種に転職すべきかを明らかにすることです。転職戦略がしっかりしていれば給料も自然についてきます。

転職を戦略的に進めるうえで、「動きながら考える」ことと正しい手順を踏むことは重要です。次回から、各手順の詳細についてお伝えしていくようにします。

ページイベントカウント(本文読了)

おすすめ記事紹介(転職体験談)

ページイベントカウント(全読了)

-転職活動手順

Copyright© 上流工程専門 , 2020 All Rights Reserved.