ページイベントカウント(初期表示)

転職体験談

年収892万円大企業への社内SE転職体験談と定時帰り仕事

更新日:

大企業社内SE

大企業や一部上場企業の社内SE、転職したいと思ったことはありませんか?

私は3回目の転職で大企業の社内SEになりました。年収892万円にも関わらず定時帰りの日々で、IT業界によくある長時間労働とは無縁の生活を送るようになります。

仕事とプライベートを両立でき、しかも高収入。社内SEは常に人気が高く、転職のハードルが高い職種です。それが大企業であればなおさらです。

しかし一度社内SEに転職すると、ITエンジニアとしての評価は大きく下がり、その後の転職が困難になるという一面もあります。

経験したものでしか分からない内情を含め、詳しくお話していきます。

大企業の社内SEへの転職体験談

社内SEを目指す

前回、私はベンチャー企業への転職と激務の実態を書きました。

ベンチャーで鍛えられた私は、1回目の転職時に決めたキャリアプランに沿って、次のステージを目指します。

PG→中堅企業のSE→ITコンサルタントか社内SEで業務知識も強化→事業会社の経営企画→業務・IT両方をこなすコンサルタント

ベンチャー時代はエンジニアという立ち位置でしたが、実際はコンサルティングから全て担当しており、業務知識の理解は深まっていました。

しかしシステム側の立場からでは限界がありました。

私は事業会社(小売・製造業などのIT業界以外の会社)の経営企画を目指すため、まずIT業界→事業会社に転身する必要性を感じていました。

「経営企画」といっても、単なる役員の雑用係や、予算資料のチェックのみという所から、M&Aや事業戦略立案などの企業中枢を担う役割まで様々です。

私は企業中枢を担いたいと考えていました。そう考えた時、エンジニア経験だけで経営企画業務をするのは難しいことも理解していました。

そこで、まずは事業会社の社内SEを目指すことにしました。ユーザ企業側で業務理解を深め、人事異動で経営企画となる、それが最も実現可能性が高いという想定です。

転職エージェントにもこのプランを話してみましたが、やはり可能性が一番あるとのことでした。

転職活動

私は転職エージェント数社に登録し、求人を探し始めました。

社内SE転職は狭き門です。できるだけ幅広く探すのがポイントです。

しばらくして、ある求人が目に止まりました。システム保守などの管理ではなく、企業全体のシステム設計・企画を行う社内SEを求めていました。しかも誰もが知る大企業です。

お恥ずかしい話ですが、学歴や経歴が不十分だった私にとって、大企業や一部上場企業というのは一種の憧れがありました。「会社の規模は関係ない、自分の実力が大事」と常々思っていましたが、それでも一度働いてみたいという気持ちです。

今となっては企業規模や知名度は気になりませんが、下から見ていると、上の世界はきらびやかに見えるものです。

ベンチャーは激務で時間が取りにくいため、私はその大企業と数社のみ応募しました。すると2週間ほどたったある日、転職エージェントから書類通過・面接の案内が届きます。

信じられない気持ちでしたが、きっと面接で落ちるだろうと思い、気楽な気持ちで面接にいくこととしました。

ちなみに後で上司や人事部に聞いたところ、信頼している転職エージェントから推薦された求職者は、基準を満たしていない人でも面接まで通すとのことでした。

自分の経歴や経験が認められたかと思いきや・・・もちろん当時はそのような事も知らず、認められたとの気持ちで嬉しかったのはたしかです。

大手・大企業の面接

大企業の面接は、中途でも3〜4回は行われます。私も4回面接がありました。その最初の面接は人事部マネージャーとの1対1面接で、少し拍子抜けしたのを覚えています。

システム担当者がいないということは、やはり落とされるのだろうかと不安になりながら受け答えしていると、今までの不安が吹き飛ぶ一言が飛び出しました。

今のスキルではなく、成長するかどうかを見ています。硬直した組織に風穴を開けてほしい、ベンチャー企業で培った新たな発想を持ち込んでほしい。そういう人材になれますか」と。
 
前回の転職で、大手SIerを断ってベンチャーに行った際、友人にもったいないことをしたと言われました。大手SIerにいれば経歴に箔がつき、次回の転職に有利になると。

しかし自身の成長のためベンチャーを選んだことは、決して間違っていなかった、そう思えた一言でした。

それからは私の気持ちも高まり、話もはずんで面接が終わりました。そしてすぐ、二次面接の案内が届きます。

二次は、一次面接の人事部マネージャーと、システム部門の部長・マネージャーとの面接でした。

ここでは経験やスキルについてかなり突っ込まれた質問もありましたが、ここでも強調されたことは、その大企業が今後どうしていくべきか思ったことを話してほしい、あなたがシステム全体の設計をしていくなら何を心がけるかなど、どこまで先を見据えて考えているかを問われました。
 
中小企業やベンチャー企業と違うのは、大企業には体力があるということです。

今までは、現在何ができるか、あるいは何をしていきたいか・そのために今していることは何か、が問われました。短期間で戦力になることを期待されるからです。

しかし大企業は、中途入社であっても、若手であれば育てていくという発想をします。今が実力不足でも、将来大きく活躍すればと考え採用しています。

私がキャリアプランをしっかり持ち、成長のためベンチャー企業に飛び込んで鍛えられたことを、高く評価してくれたのです。

二次面接が通った後の三次・四次面接は儀式的なものでした。最終の4次面接は役員面接で緊張しましたが、非常に和やかな雰囲気で終わりました。そして内定、入社が決まりました。

ちなみに、自分に自信が持てなかった私は最終面接で「もしかして、入社したらすぐ子会社に出向になったりしませんか」と質問してしまい笑われました。

大企業がシステム部門を子会社化することが流行っていたため、大企業入社と思ったら子会社だった、という騙しではないかと思ったのです。

そのくらい、学歴も経歴も不十分な自分が、大企業転職できることが信じられませんでした。 
 

退職の引き止め

入社が決まり、いよいよ大企業での経験が積めると思った矢先、退職しようとしたベンチャー企業で引き止めにあいました。

マネージャーから始まり、部長、役員、社長・・・あらゆる人に呼ばれたり飲みに誘われたり、給料の大幅アップまで提示され、必死の引き止めが続きます。

過酷な仕事環境でしたが、幸い人間関係には恵まれた会社でした。素直というか人柄のいい人が多く、良い評価ももらっていたため辞めることが心苦しくなっていきます。
 
しかし大きな目標を目指すときには、超えなければいけない壁があります。引き止められて心が揺らぐ時もありますが、自分が決めたキャリアプランを忘れず進むことで、目標を実現することができます。

ちなみに一度退職を伝えた後は、撤回しないことをお勧めします。

逆の立場で考えてみてください。あなたが部下から退職したいと言われたら、たとえ撤回してもまた言うのでは、と疑心暗鬼になると思います。重要な仕事も任せづらくなります。

退職を伝えたら必ず完遂することが重要です。
 
何度も話し合いを続けること1ヶ月、ようやく退職が認められ、退職日が決まりました。

会社の許可がなくとも、法的には退職することは何も問題ありません。しかしきちんと合意して退職したかったため、転職エージェントにも相談し、大企業への入社日は延ばしてもらいました。

このような時、自力で転職活動していると調整しにくいことが、転職エージェント経由ならすんなり通ることがあります。

大企業というのは融通が利きにくい側面を持っています。ベンチャーとは違い制度やルールがしっかりしているため、一度決めた入社日を変更することはなかなかできません。

しかし転職エージェント経由の交渉や相談は、企業側も聞き入れることがよくあります。

個人ではなく対企業の相談ということもありますが、今や中途採用はエージェントなしでは成り立ちません。関係を良好に保つため、少しくらいの調整は受け入れてくれるのです。

ようやく新天地に旅立てるときが来ました。期待に胸を膨らませて入社した私が目にしたのは、今まで仕事してきた人とはまったく違う、現実離れした天空界の住人たちでした。

エアコンの温度調節だけで年収900万円の世界

エアコンの温度調節をするだけで年収900万円、と聞いたらどう思いますか?嘘っぽい広告と思いますよね?

これは嘘ではなく、私が入社した大企業における実際の社員の話です。

大企業には、「組織を維持するための仕事」「仕事を維持するための仕事」が大量にあります。
 
例えば、複数ある自社ビル内のエアコン温度を、省エネという名のもとに見回りをする仕事があります。

勝手に温度変更されていないか、変更されていれば元に戻す仕事です。これだけを専門に行う正社員がいます。
 
冗談と思うかもしれません。しかしその人は、本当にそれだけをしています。「エアコン温度設計」という資料を作り、いつどこを回るか膨大な資料をまとめます。

そして1日数回、ビル間を移動しながらエアコン温度を調べているのです。

ビル全体でエアコン温度を集中管理すれば、と思いますよね?そのとおりです。しかしそのようなことはなかなか実行されません。なぜなら、見回り不要になるとその社員の仕事がなくなるからです。

つまり雇用維持のため、「仕事を維持するための仕事」のため生かされているのです。見回りの仕事だけで、その人の年収は900万円強となっています。年功序列の弊害です。

この人は50代のため、よくある窓際族の話と思うかもしれません。しかし20代・30代の社員でも驚くような仕事をすることがあります。

ある20代の若手は、1年間、システム保守の問合せ履歴管理だけをしていました。能力もあり頭の回転も早い、優秀な社員です。しかし彼がしていたのは、問合せが来たらExcel一覧に記入し、回答履歴をひたすら書き続けるだけです。

別の30代社員は、全国各拠点のネットワークメンテナンスを担当していました。しかし事業会社では、このような仕事は外部システム会社に委託することが一般的です。ネットワーク設計や管理は外部会社が行います。

では30代社員は何をしているかというと、各拠点に出張し、管理監督者の名の下、外部会社の作業に立ち会うだけでした。

つまり実質的に何もせず、全国を旅行しているようだと飲み会の場で笑いながら言っていました。

今まで下界で、下請け会社やベンチャー企業で死に物狂いで働いていたのに、天空ではこんな楽な仕事で高給をもらっているんだ、と愕然とする日々が続きます。

そして私も、その楽な環境に少しずつ汚染されていきます。

年収892万円の定時帰りの仕事

社内SEの仕事

大企業に入社して、私の生活はガラリと変わりました。

年収も892万円に上がりましたが、これは残業代がほとんど入っていない数値です。私はほぼ毎日定時帰りするようになります。

仕事内容も、面接時は「会社全体のシステム設計をしてほしい」「新たな発想で仕事を改革してほしい」と言われましたが、入社して最初の頃は、社内SEとして開発管理や保守、各部門の問合せ対応をするようになります。

社内SEは、小売・製造業などの事業会社のシステム部門として、社内システムの導入や保守(ほぼ問合せ対応)を行います。IT業界のシステム会社のSEと、事業会社の社内SEの大きな違いの一つは、「システム利用ユーザが社外か社内か」です。

システム会社では納期を強く意識します。システムを納品しなければ売上・入金されず、会社経営に支障をきたすためです。スケジュール遅延すれば深夜残業してでも間に合わせることが求められます。

しかし社内SEの場合、利用ユーザが社内で、よほどシビアなシステムでなければ売上への影響も小さく、少しくらいの遅れは許されてしまいます。

また社内SEは、新規システムを導入するよりも、導入済みシステムの保守が中心となります。
プログラム開発などは外部会社が行うことも多く、各部署からの問合せ対応や、パソコン環境整備が主な仕事になりがちです。

スケジュールにも追われず、仕事内容も問合せ対応やパソコン整備など難しくなく、しかも保守中心で同じような仕事が続く・・・販売・物流・会計などの基幹システム新規導入などがあれば、役に立つスキルを身につけることもできますが、一般的にITエンジニアとしてのスキルは下がっていきます。

ちなみにシステム新規導入時は、業務プロセス設計や、導入システム選定(ベンダ選定)などの超上流工程から携わることができます。そこはシステム会社とは異なる、事業会社の社内SEならではのメリットです。

大企業社内SEのスピード感

転職面接時に言われていた、会社全体のシステムが古くなっており全面的に見直すこと、システム部門の効率化のため業務プロセスを見直すこと、については会社内で実施が決まっていました。

しかし大企業に流れる時間、スピード感は、ベンチャーや中小企業とは天地ほどの差があります。

数名で集まって今後の方向性を打合せる、キックオフのような会議を行う、ベンチャーや一般的な企業であれば、少なくとも1ヶ月以内に何かしらの動きはあるはずです。

しかし大企業では、数カ月から半年くらい経ってようやく動き始めることがあります。

各担当者の調査や資料作成もとにかく時間がかかります。担当者のスピードが遅いのもありますが、1日で終わる仕事が1週間かかるのです。

また社内調整なる各部署・役職者との意見調整のため、各部署に意見を聞きまわり、みんなが違う意見を述べるのをまとめるため、資料の版(修正回数)が47回に達している人もいました。

映画やドラマで、稟議書を回し続けて押印が20を超える、役員や部長との社内調整で疲弊する姿が映し出されますが、あれはオーバーな表現ではなく、少なくとも私のいた会社では日常茶飯のことでした。

一部の大企業は、倒産や業績悪化により以前よりスピード感や仕事内容も変わってきていますが、私が交流してきた他の多くの大企業社員も含め、今でもこのような非効率的なことは行われています。

社内SEで心が病む

時を経てようやく会社全体のシステム見直しが始まりましたが、物事が何も決まらない中、何ヶ月も経過していきます。

私も社内調整として各部署を回りましたが、意思統一と12回の資料修正だけで1ヶ月かかりました。

システムの仕事というより御用聞きでしかなく、やる気を失っていきます。

社内SEの仕事は雑用係、社内調整役と言われることがあります。技術を駆使して働きたいITエンジニアの場合、やる気をなくしてすぐ退職することもあります。

しかし定時帰りでプライベートは充実する、社内の人たちは穏やかで優しい、仕事も楽という環境の中、こんな生活も悪くないなと思い始めました。今までが頑張りすぎたのだと。

私は仕事への情熱を失い始めました。経営企画を目指すことも、コンサルタントとして将来活躍することも、なぜ今まで頑張ってきたかも。

時は過ぎていきました・・・そこには、仕事もキャリアプランも忘れ、この楽しい日々が定年まで続けば、とだけ考える男がいました。下請け会社やベンチャー企業で必死に働いていたときの姿は、どこにもありません。

しかし、このまま汚染されて終わりそうになった時、私は社内SEや大企業で働くことの意義をようやく見つけることとなります。

社内SEのやりがいとプライベート充実

大企業は、一部の極めて優秀な社員が支えています。こういうと語弊があるかもしれませんが、これは事実です。

10万人の従業員が働く企業でも、会社を実質的に支え、成長させているのは数十人の優秀な社員ということがよくあります。

役職や年齢、学歴などは関係なく、超人的な頭の回転や優れた大局観、ユーモアに長けたコミュニケーション力、強靭な体力・精神力、それらを持ち合わせた人がいるのです。

そういう人は社内政治に興味がなく、出世しないことも多いのですが、会社の意思決定や遂行に大きな影響を与えます。

私がいた会社にも、いくつかの部署にそのような社員がいました。ある時、そのうちの一人と一緒に仕事をする機会があり、私は衝撃を受けます。

一を話して十を知る、一言聞くだけで大体の状況を理解し、あらゆる視点で意見を述べ、具体的なアクションまで頭の中で組み立てられる人でした。
 
その人は学歴もなく、従業員10人の中小企業から転職を重ね、叩き上げで登ってきていました。私は自分が恥ずかしくなりました。同じような状況からキャリアをスタートしながら、一方は能力を活かして会社を支え、もう一方は社内SEの楽さに甘えて会社に貢献していませんでした。

能力の差も歴然としており、私は尊敬と共に、このような人になりたいと悩みました。

そして、社内SEの仕事に真剣に取り組むようになります。

会社全体のシステム再設計、業務プロセスの効率化見直し、停滞していたこの2つのプロジェクトで、私はリーダー的立ち位置を自ら志願しました。

事業会社は組織や役職が厳格なことが多く、リーダーは部長がなる、などと大体決まっています。そこで私は、部長が面倒と思うことを肩代わりし、リーダーのような立ち位置で積極的に動くようにしました。

社内調整も率先して実施、部長・マネージャ間会議にも事務方として出席し、誰よりも発言して仕事も負うようにする。

そうすることで、私にプロジェクト管理や仕事が自然に集中するようにしたのです。

この頃は残業が急激に増え、休日も仕事をするようになります。

しかし、社内SEのやりがいをようやく感じるようになったのも事実です。

社内SEは会社全体のシステム再設計を行える立場にあります。システム再設計は、同時に業務プロセスの見直しも伴うことがあり、業務の理解を深めることができます。

IT業界のシステム導入でも業務プロセス設計をすることがありますが、あくまで企業の外側から見て、業務効率化のプランをまとめます。

しかし社内SEであれば、企業の中にいて業務を深く知りながら、会社全体のシステム設計・導入を手がけることができます。

業務・IT両方がわかるコンサルタントを大きな目標としていた私にとって、この経験は重要なことでした。

業務プロセス見直し・システム全体設計が終わり、いくつかの業務変更・システムの試し導入もうまくいきました。このプロジェクトでの活躍が評価されるようになった頃、私は経営企画部への異動を希望し、受理されます。
 
経営企画部に所属するようになっても、大規模なシステム導入には引き続き関わっていました。

しかし企業の中長期戦略の立案やM&A(企業買収)など、IT職種では関われない仕事にも携われるようになり、貴重を経験を積むことができました。

この時の経験は、年収1837万円コンサルタントになる時に大きく役立つようになります。

ちなみにプライベート充実に関して、一時的に残業や休日出勤が増えましたが、全体的に仕事とプライベートは両立されていました。

IT業界のエンジニアと違い、社内SEは納期に追われません。

事業会社は組合が強いことも多く、無理な残業は止めてくれます。

仕事もプライベートも充実して、長くITの仕事をしていきたい人にとっても、社内SEは優れた選択肢となります。

社内SEは求人が少なく狭き門

しかし社内SEになりたくとも、求人数がもともと少なく、そこに応募者が殺到するため転職は容易ではありません。

また一つ忘れないでほしいのは、社内SEになると、転職市場での評価は大きく下がるということです。

私の体験談でも触れたとおり、社内SEは仕事が単純作業になりやすく、納期にも追われないため仕事の質が下がりやすくなり、求人企業から敬遠されやすいからです。

プライベートを大切にする、社内SEで一生終える、そういう人でも、高齢になってリストラされたら転職先がなかったということもあります。

ただし社内SEになることで評価が上がることもあります。

次回、私がITコンサルタントになったときの転職体験談をお話しますが、社内SEで業務理解を深めたり、企業全体のシステム設計を行った経験があると、大きくプラスに評価されます。

また私の体験でもそうですが、ITエンジニアの職種の中で、社内SEはプライベートを充実させることができる数少ない職種です。

そしてIT業界のプログラマー・システムエンジニアより給料が高いことも多く、転勤とも無縁、と恵まれた仕事であるのは確かです。

求人が少ないため、転職エージェントは幅広く登録しておくことを勧めます。社内SEに関してだけは、エージェント3〜4社では足りないかもしれません。

一番望ましいのは、特定のエージェントのみが持つ求人を紹介してもらうことです。そうすれば競争も少なく有利に立てます(私がそうだったように)。エージェント担当者に、本気で転職を考えていると思ってもらえるかが大切です。

社内SEは狭き門です。私の転職体験が少しでも役に立てば幸いです。

今すぐエージェントに登録したい方はクリック→【リクルートエージェント】

ページイベントカウント(本文読了)

ページイベントカウント(全読了)

-転職体験談

Copyright© 上流工程専門 , 2020 All Rights Reserved.