ページイベントカウント(初期表示)

転職エージェント比較

業界最大の求人数と大手・大企業に強みをもつリクルートエージェント【業界最大手】

更新日:

リクルートエージェント

私はリクルートエージェントを利用して、大企業の社内SEに転職したことがあります。

転職エージェント最大手として企業からの信頼が厚く、リクルートエージェントのみが扱う求人の推薦を受けることができれば、狭き門と言われる大手・大企業や社内SE転職も有利に進めることができます。

ただし、専門職の転職はやや苦手、担当者の質にムラがあるなどデメリットもあるため、実体験も交えた評価・口コミ評判などを具体的にお伝えしていきます。

【他エージェントとの比較】業界最大の求人数と大手・大企業とのつながり

リクルートエージェントは転職エージェント業界の最大手で、業界最大の求人数を保有しています。

大手・大企業とのつながりが深く、狭き門と言われる社内SEや大企業求人にも強みがあります。

学歴も職歴も不十分だった私が大企業に転職できたのは、リクルートエージェントで扱っていた非公開の大企業求人の紹介・推薦を受けられたためでした。

転職支援実績数も業界1位となっており、転職エージェント登録時の候補としてよく名前が上がります。

業界最大の求人数

リクルートエージェントは、10万件を超える業界最大の求人数を誇っています。
 
ホームページに掲載されている表面的な求人数では、他の大手エージェントもほぼ同じ求人数です。

しかし実際に利用し、紹介された求人数・内容を他エージェントと比較すると、リクルートエージェントの求人数はたしかに圧倒的と思わされました。

数だけ集めているわけではなく「自分の実力とほぼ同じ・もしくは一段階レベルの高い会社」を多種多様な業界から紹介されます。

つまり、現実的に検討したいと思える魅力的な求人数が、他の転職エージェントよりかなり多いということです。
 

リクルートの強力な営業力と大企業求人

リクルートエージェントは大手・大企業とのつながりが非常に深く、大手企業・大企業転職を目指す人には欠かせないエージェントとなります。
 
私が大企業を目指した際、リクルートエージェントの担当者から大手企業・大企業を多く紹介されました。

その時は「大企業や一部上場企業は誘い水で、実際は別の普通の会社を紹介されるのでは」と正直思っていました

しかしまさかの書類突破、面接もなごやかに進み、計4回の面接を通過して転職しました。
 
後で上司・人事部に聞いたところ、リクルートエージェントから推薦された候補者は、過去の経歴が基準を満たしていなくとも面接まで通すとのことでした。ある程度見込みのある人しか紹介されない、と信頼しているとのことでした。
 
リクルートエージェントから提示される案件は、他エージェントよりも数段格上の会社を紹介されてきたように思います。理由は明確で、リクルートグループとしての圧倒的な営業力により、他では得られない優良案件を確保しているためです。
 
リクルートは起業家を輩出する会社として有名ですが、それは過酷を極める営業活動により鍛えられているからと言われます。

ゼクシィやタウンワーク、スタディサプリなど、リクルートを代表するサービスは例外なく、圧倒的な営業力でシェア拡大してきたものです。

以前、私は採用も担当していたことがあります。その時に各転職エージェントに採用依頼をしましたが、リクルートエージェントの営業の対応スピード・提案力はかなり高く、少しでも良い案件を獲得しようとする気概も相当なものでした。

入念な情報収集、企業担当に良い印象を持たせる営業マンの力、それらが合わさって他ジェージェントより優良案件を確保できているのかと納得しました。

後述するデメリットもありますが、求人数と大企業求人はリクルートエージェントの大きな強みとなっています。

「転職初心者〜中級者向け」「社内SE」「大企業」が上流工程を目指すときのポイント

上流工程を目指すうえでのリクルートエージェントのポイントは、「転職初心者〜中級者向け」「社内SE」「大企業」です。
 
IT業界の求人も多く保持していますが、リクルートエージェントは専門職領域をやや苦手とするため、SIerやITコンサルタントを目指す人は別エージェントとの併用をおすすめします。

しかし、転職回数3回くらいまでの転職初心者〜中級者が上流工程を目指すには、リクルートエージェントは最適な選択肢の一つとなります。
 
業界最大手として、書類添削や面接対策、紹介される求人の質・量など総合的にレベルが高いためです。

その中でも社内SEや大手・大企業求人に関しては、リクルートエージェントの強みが最大限活かされます。小売・製造業などのIT以外の業界、特に大手企業・大企業の社内SE求人を多数持っており、一段階レベルの高い会社を目指すことができます。
 
社内SE求人は、必ずしもITのプロフェッショナルを採用したいわけではありません。IT以外のコミュニケーションスキル等もバランス良く持ち合わせた人材を求められます。

小売・製造業などはITの専門集団ではなく、ITエンジニアのスキルを正しく評価できないことも多々あります。そのためこれらの企業では、つながりの深いリクルートエージェントの推薦があれば、まず面接してみようという会社もあります。
 
リクルートエージェントは強力な営業力で大手企業・大企業と深くつながっており、担当者から非公開求人の紹介・推薦を受けることができれば、大企業社内SEへの転職も現実的になってきます。

リクルートエージェントのデメリット

業界最大手のリクルートエージェントですが、実際に利用して感じたデメリットがあります。

まず、専門職の転職はやや苦手としています。ここでいう専門職は、プログラマー、システムエンジニアなどではなく、薬剤師・インテリアコーディネーターなどの特殊な職種を指します。

ただしプログラマーの場合も、例えば「COBOL言語を専門としていました」といった需要が小さい・言語を分かる人が少ないものは、エージェントの担当者も詳しくないことが多く、職歴から強みを引き出すことが難しくなります。

COBOLなどの古い言語を専門としていた、特殊な業務知識を駆使してきた方は、IT業界専門の他エージェントとの併用をおすすめします。

なお「JavaやPHPを設計・開発していました」、「ERP導入に関わっていました」などは一般的で、リクルートエージェントも理解の深い担当者をつけるので問題ありません。

もう一つのデメリットですが、担当者の質にムラがあることです。

私は大企業転職時に、非常に優秀な担当者にあたることができました。質問を深掘りして私の強みを引き出し、いかに強みを表現するか書類添削に長時間付き合ってもらい、求人紹介も押し付け等なく自由に選ばせてくれました。

結果、私の職歴では受からないはずの大企業に転職することができました。

一方、別の機会に利用したときの担当者は、忙しいためかビジネスライクな対応で、書類添削もあまりされず、その時の転職活動はあまりうまくいきませんでした。

業界最大手で担当者も多いため、レベルに濃淡があるのは止むを得ないことです。ただし担当が誰かは重要なことですので、もしどうしても合わなければ担当者変更を申し出ることも可能です。
 
担当者変更をすると気まずいのでは、と思うかもしれません。しかし業界最大手のいいところは、担当者が多く、営業・キャリアアドバイザー・事務担当などが分かれていることです。

電話したら前担当者が出た、といった気まずさはまずありません。聞いたところ一定数の変更依頼はあるらしく、担当者も特に気にしていないとのことでした(リクルートエージェントに限らず転職エージェントは忙しく、気にしているほど余裕がないのが実態かもしれません)。
 
 

評判・口コミ

私が過去いた会社は離職率が高い・転職の多い会社で、転職エージェントを利用する同僚・先輩は多くいました。

そのため飲み会などで多くのリアルな評価を聞くことができ、自身の転職時にかなり役立てることができました。

同僚・先輩からいただいた情報や、世の中に出回っている評判や口コミをまとめてご紹介します。

[良い評価]

  • 紹介された求人数がエージェントの中で一番多かった
  • 面接対策は受けておいたほうがいい。面接突破率が実際に上がった
  • 孫請け会社の経験1年のPGにも関わらず、元請け会社のSE案件を紹介してもらい、給料も待遇も大きく上がった
  • リクルートと聞いて体育会系の押しの強い担当者かと思ったら、腰が低くて逆にびっくりした

[悪い評価]

  • ドライな対応で、親身にサポートしてほしかったのでガッカリ
  • 忙しいのか、事前に送った職務経歴書を担当者が十分読み込んでいなかった
  • ITの専門知識を持っていない担当者だったので、担当変更を依頼した
  • ベンチャー企業に行きたかったが、ベンチャーへの理解が薄く他社を利用した

利用をおすすめする人

さきほどまでの話を踏まえ、リクルートエージェント利用をおすすめする人は以下になります。

  • 転職回数3回くらいまでの転職初心者〜中級者
  • 社内SEを目指す人
  • 大手企業・大企業に転職したい人
  • (業界最大手で地方支社もあるため)地方で転職を考えている人
  • 初めて転職エージェントを利用するため、安心できるところに依頼したい人

押し込み・退会・年齢・料金などの気になるポイント

転職エージェントを利用する際、粗悪な求人を押し付けられたり、退会時にトラブルになったら、と気になりませんか?

リクルートエージェントについては、さすが業界最大手ということもあり、押し込みや退会のトラブルはなく安心です。
 
採用担当の経験がある人はご存知の通り、企業が転職エージェントに支払う手数料は調整可能です。つまり優秀な人材を獲得したい企業は、より多くの手数料を支払うことで、優先的に紹介してもらえる可能性が増えます。
 
そのため悪質な転職エージェントは、求職者に最もふさわしい求人ではなく、手数料の高い求人を押し付けてくることがあります。
 
しかしリクルートエージェントは、そういった案件の紹介をあまりしてきません。私が複数のエージェントを利用していたとき、いくつかの他エージェントでしつこく勧められてきた条件の悪い求人を、リクルートエージェントだけ勧めてこなかったこともありました。

同時期に転職活動していた知り合いは、かなり多い5社のエージェントを併用していたそうですが、リクルートエージェントともう一つのエージェントのみ勧めてこなかったそうです。その粗悪な求人ですが、当時、転職活動中のITエンジニア間で少し有名になっていたらしく、ほとんどの求職者に紹介されていたようです。

またリクルートエージェントは専用ホームページ「Personal Desktop」上で、非公開求人含め、かなり多くの求人を日々紹介してくれます。求人の比較も容易なため、手数料が高いだけで魅力がない求人は自然に淘汰されていきます。
 
少なくとも「この会社は素晴らしく絶対おすすめです!必ず受けないと後悔しますよ!」といった、悪いエージェントでよくある、良いことしか言わない押し付けはありません。これは様々な人の評判からも間違いないようです。
 
そして、もし退会したくなったときですが、ホームページから簡単に退会可能です。
 
またリクルートエージェントでは、基本3ヶ月経過するとサービス提供完了となります(延長も可能です)。定期的にメールが送られてきてサービス継続有無を回答することができますので、電話連絡して引き止められる、といった心配もありません。
 
リクルートエージェントはビジネスライク・ドライという評判も散見されますが、私のように人見知りだった人間にとっては、逆にそのほうが接しやすかったのも確かです。またビジネスライクに冷静に書類添削・求人紹介などをしてくれるため、担当者との関係に悩むことなく転職活動に専念できます。
 
応募可能な年齢ですが、20代から40代くらいまで幅広く受け付けています。リクルートエージェントは全国に支社があるため、地方の求人取扱いも多く、地方在住の人も応募しやすいです。近くに支社がない人も、対面ではなく電話面談が可能です。

あと利用料金ですが、転職エージェントのほとんどが完全無料のため問題ありません。リクルートエージェントももちろん全て無料です。

登録手順

まだ転職を迷っている、職務経歴書を書いていない、という人もいると思います。

しかし1ヶ月悩んで職務経歴書を書いても、考えもあまりまとまらず、的はずれな記述をして書類選考に落ちるということがよくあります。
 
私も苦い思い出があります。最初に転職活動をした時、自力でキャリアプランを検討し、履歴書・職務経歴書を一生懸命書いて転職活動をしましたが、書類選考に全然通らず挫折しそうになりました。
 
そんな時に転職エージェントを利用し始めましたが、担当者に書類添削をしてもらったところ、ほとんどの記述に修正が入りました。
 
そしてキャリアプランも詰めが甘いと指摘を受け、アドバイスに従って練り直したところ、書類が次々通るようになりました。オーバーな表現ではなく、それまで11社中2社しか書類通過していなかったのが、8社中6社通過するようになり驚きました。
 
転職したい気持ちが少しでもあれば、転職エージェントに登録して話を聞いてみるだけでも、今後のキャリアプランを考えるうえで大いに役立ちます。そして良い求人があれば、転職活動を本格化することをおすすめします。

敷居が高そうに見える転職エージェントですが、実際に利用すると、意外と気軽に使いやすいことに気づきます。

リクルートエージェントのサービス申込(登録)ですが、ホームページから簡単に登録できます。転職希望時期、希望勤務地など、答えやすい項目をいくつか記述して送信するだけです。

あとはメールが届いて、その指示に従うだけで短時間で登録完了します。手続き完了後、専用ホームページ「PersonalDesktop」上で求人情報を参照することができます。

ちなみに登録時点では履歴書や職務経歴書の作成は不要です。そのため転職を思い立った時、すぐに登録することができるのは良い点と感じました。

リクルートエージェントは以下から登録できます。何年か後に、あの時転職して良かったと思えるような転職活動ができることを願っています。

【リクルートエージェント】

ページイベントカウント(本文読了)

ページイベントカウント(全読了)

-転職エージェント比較

Copyright© 上流工程専門 , 2020 All Rights Reserved.